Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルティー

や、わざわざレシピとして書くまでもないのですが。

アップルティーの作り方。です。

お茶


■用意するもの
  • りんご
  • 茶葉(香りの少ないもの)
  • たわし

    ■作り方
    1. りんごはたわしでよく磨く(無農薬のものならフツウに洗うだけ)
    2. リンゴはふつうに皮をむく→リンゴの実はフツウにたべてください。
    3. ポットに茶葉を通常の量入れる
    4. そのうえにリンゴの皮を入れる
    5. 熱湯をそそぎ、茶葉がひらいたら飲む


    ■コツとか
    いろいろためしたのですが、茶葉はダージリンとかの香りの強いものでもぜんぜんいけるんですが、個人的には各社から出てる「ブレンド」のもののほうが相性がいい気がします。
    うちでは香港のホテルペニンシュラのオリジナルブレンド(たぶんダージリンベース)を使ってます。
    ここの紅茶はクセがなくて今はお気に入り。

    あ、父からインド土産でもらったやたら香りがきついダージリンでもやったことあるのですが、意外とイケたりもします。

    リンゴは皮の内側がもっとも香りが強く、実の部分は熱すると酸っぱさのみがのこるため、実は投入しないほうがおいしいです。

    最初、砂糖をいれずに香りを楽しんだ後、砂糖を投入すると「リンゴを食べてる感のある紅茶」になるですよ。

    奥様方は、朝食にリンゴだしたら皮をすてずに優雅にティータイムとかするといいんじゃないかと思います。
    スポンサーサイト
  • 鶏モモ肉のグリル(どこまでもレモンソース)+レモンドレッシング

    例によって作り中なので写真なんてないよ。

    私は幼少のころ、鶏肉を食べさせてもらえないで育った子なので(お父さんがキライだったせいで)鶏肉レシピはあまり知らないんだ。

    ■用意するもの
  • 鶏モモ肉(人数分の枚数)
  • 料理用白ワイン
  • レモン汁
  • オリーブオイル
  • ハーブ(肉に合うのがいい。ローズマリーとかタイムみたいな)
  • 塩コショウ
  • ニンニク(チューブ入りの)
  • 付け合せ用野菜もしくはキノコ(炒めるのに適したもの)

    ■作り方
    1. 白ワイン・オリーブオイル・レモン汁を2:2:1の比率で合わせ、塩コショウしハーブ・すりおろしにんにくをいれて混ぜ、マリネ液を作る。(モモ肉が浸るくらい)うちはレモン好きなのでこれくらいだけど、すっぱいの苦手なひとはレモン少なめにネ
    2. ①に鶏モモ肉を浸して10分以上置く。
    3. 鶏モモ肉をマリネ液から取り出し、魚焼きグリルで15分くらい焼く。(中火→弱火)
    4. 付け合せ用の野菜(キノコ)を①のマリネ液に数分浸し、フライパンで炒める。
    5. 皿に③の肉を盛り、④のソースをかけて食す。


    はい、かなりヤッツケです。
    でもおいしいです。
    こういうのを作るから、うちの食卓レモン(450ml)は1ヶ月でなくなるのです。
    同じ速度で料理用白ワインとオリーブオイルもなくなっていく・・・

    このごろ思うのは、オリーブオイルはケチっちゃいけませんねということ。
    やっぱ高いのはおいしいです。

    ついでなので、うちのサラダのドレッシングもいちおうメモメモ。

    ■材料

  • レモン
  • エクストラオリーブオイル

    ■作り方
    材料を適当にサラダにかけて混ぜる。

    や、カンタンですけど、もうこれが最強なんです。結局は!
    飽きないし。
    あ、飽きたら、エクストラオリーブオイルの代わりにゴマ油にしてしょうゆも入れると中華チックになりますです。
  • はるさめスープ

    まだ作り中だから写真なんてハイカラなものはないよ。

    雨が降って鬱なので、鬱な私でもカンタンにできる晩ご飯を作ろうと思った。

    ■要る物
  • 鶏ミンチ 100g × 人数
  • たまねぎ(半個)か長ネギ(1本)
  • にんじん等根菜食べたい分だけ
  • はくさい等、菜物(鍋に入れる系のやつ)
  • 食べたければきのことか
  • はるさめ
    ■調味料
  • 片栗粉
  • コンソメ

  • しょうゆ

  • ゴマ油

    ■つくりかた
    1. 鍋に(水100cc×人数)とコンソメを入れて沸騰させる
    2. ネギはみじん切りにして鶏ミンチ、片栗粉と十分に混ぜて鶏ダンゴをつくる
    3. ①に②をいれる。
    4. 根菜・きのこ類を入れる。
    5. 鶏ダンゴに火が通ったらはるさめと菜物を入れる。
    6. 酒・しょうゆ・塩で味をととのえ器に盛る。
    7. 香り付けにゴマ油をたらす。

    以上でござる。

    コンソメベースなのに、最後のゴマ油のおかげでそこはかとない中華感を味わえる一品です。
  • 新ショウガの炊き込みご飯

    新ショウガが安い季節になりましたので、炊き込みご飯を作りました。
    えっと、姫路のほうにある厚生年金で作られた施設、ウェルサンピア夢前で出てきたレシピそのものを再現したものデゴザイマス。あ、おいしかったもので・・・


    ■用意するもの



    • 新ショウガ(2合に対してちっちゃいのひとつくらいの勢い)

    • 油揚げ(2合に対して1枚くらい)

    • 酒(大匙1くらい)

    • こんぶだしの素か、もう、コンブそのもの。

    • フツウに水

    • おしょうゆ(大匙2分の1くらい) もしくは本だし(大匙4くらい)


    ■作り方



    1. 炊飯器に研いだお米を入れる。

    2. 新ショウガは千切りにしてお米の上におく。

    3. 油揚げは細切りにしてお米のうえに散らす。

    4. コンブだしの素ならパラパラとかける。コンブそのものならお米の上におく。

    5. 水を、普段より少し少なめに入れる。

    6. 酒・しょうゆを入れる。 →ここで、炊飯器の線がきっちりになるようにw

    7. フツウに炊く。


    わーい、ちょーーーかんたーん。


    ただ、新ショウガなのであまり苦くないとはいえ、ショウガはショウガなので、お子様のおくちには合わないと思います。大人向けデスネ。


    炊き上がったらまぜまぜして食べてください。

    冷しゃぶパスタ

    今年の夏はクソ暑いですね。
    暑いときはごはんが食べられなくなるので思いつきで冷しゃぶパスタを作ってダンナに出したらえらく好評だったのでメモメモ。


    ※パスタも豚肉もソースも冷やさないとおいしくないので時間はかかります。


    ■所要時間



    • 下ごしらえ:20分

    • 冷やす時間:1時間とか・・・?


    ■用意するもの



    • パスタ(なるべく細いもの、でもウチではフツウのでやる。面倒だから!)

    • オリーブオイル(エキストラじゃないほう。)

    • レモン汁

    • トマト

    • バジル(か、他のハーブでもいい)

    • 夏野菜(味のあるもの。たとえばオクラとか長いも、モロヘイヤ等。)

    • 酢(できればワインビネガー)


    • 冷しゃぶ用豚肉(食べたい量)

    • 大根

    • レタス、カイワレ等サラダ用野菜


    ■作り方



    1. 冷しゃぶを作る。(フツウに。一口大の豚肉を湯に通して色を変え、ざるにあげておく。ちなみにうちでは豚モモ肉の切り落としでやった)

    2. トマト、夏野菜はさいの目切り(モロヘイヤは荒いみじん切り、オクラなら茹でたものを小口切り)にする。

    3. 大根はおろしにしておく。(食べたい量、うちでは豚肉の2倍の重さ分を用意してる)

    4. 大目の湯に、大目の塩を入れてフツウにパスタを茹でる。

    5. 茹で上がったパスタはザルにあげ、暖かいうちにオリーブオイルを適量まわしかけ、パスタ同士が引っ付かないように和える。

    6. ボウルに以下調味料を入れて和える。これがソースになるので、ソース大目がいい人は適宜加減してください。(例は二人前)

      • オリーブオイル  大5

      • レモン       大2

      • 酢         大2

      • 塩         小1弱(しょうゆ大目にするならなくてもいい)

      • しょうゆ      大2



    7. 6のボウルにトマトと夏野菜を入れる。夏野菜は変色するのが嫌な人はここで入れなくても良し。

    8. 1、3、5、7を冷蔵庫で冷やす。

    9. 8が冷えたら、レタスを一口大にちぎり、カイワレ等も用意する。

    10. 5のパスタのうえに1の冷しゃぶ、9のサラダ、7のソースにハーブを直前で混ぜたもの、3の大根おろしを順に重ね、上から少量のしょうゆをかけて出来上がり!


    ■バリエーションとか荒業的なもの



    • 冷しゃぶの代わりにツナ缶でもいけるはず。そしてカンタンなハズ。

    • 仕上げのしょうゆの代わりにバルサミコ酢でもいけるはず。作ってないからシラナイ。

    • 今回ハーブは季節のバジルを使ったけど、他のでもいけるはず。セージとかでもいけると思う。あと、乾燥ローズマリーのみじん切りとか。パセリとか。セロリのみじん切りとか。

    • うちでは豚モモ肉を使ったけど、脂身少ないとこの肉のがおいしいです。ソースがあるだけに。

    • バジルは、最後のほうにソースに投入したけれど、これはトマトの酸味を多めに出すため。味を濃くするのがお好みなら、冷やす前のソースに入れたほうがいいと思われる。

    • レモン汁は大目にいれても酸味をあんまり感じないです。入れすぎか!っていうくらい入れるのが私は好きだ。

    • コクのあるのが好きな人は、酢の代わりに、酢におろしにんにくを少量入れたものをレンジで沸騰しない程度にチンして使用するとよいかと思います。←にんにくの香りが出て苦味は飛ぶからチンする。

    • うちみたいに冷蔵庫が狭いお宅では、大きいボウルに水を張って、氷かアイスノンを入れて、そこに小さいボウルを浮かべてパスタをいれ、そのうえにソースのボウルを重ねて、さらにそのうえに冷しゃぶが入ったざるを重ねてラップをかけ、そのうえにアイスノンをのっけるという荒業も使えます。ていうかそんな技使いました。一番下のボウルの水がパスタにかかるとパスタが伸びるのでキヲツケテネ!!!!

    カレンダー(月別)

    03 ≪│2017/04│≫ 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    最近の記事

    CATEGORY

    リンク

    無断リンク。(支障のある方はご連絡ください)

    ブログ内検索

    Extra

    プロフィール

    ++りぃ++

    Author:++りぃ++
    ↑手前から、りぃ、ぴこ、ぽこ。
    ■りぃ■
    広島在住の新婚主婦(仮)。
    趣味はデグーと遊ぶこと、グリーンを育てること、近所をママチャリること。
    病弱だけど元気いっぱい。
    このごろ躁鬱と診断されてSEを休職中です。
    ■ぴことぽこ■
    デグーの姉妹。
    2007年5月20日生まれ。
    ペットショップ育ち。
    生後90日弱でうちにやってきた。
    ぽこさんは事故で尻尾が半分ないです。
    毛づくろいっこと布団ごっこが趣味らしい。

    ぱこ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。